映画耽溺(15)

梅雨ですね。どんより。

天気が悪いだけで全てのやる気がなくなる俺。

最近はきっちりSHERLOCKのシーズン3をリピートして、

テレビ版のFargoを見てます。インドアアクティビティ最高。

SHERLOCKのDVDもポチったしな…。ふふふ。完璧。





そうそう、字幕がヒドいというイメージがすっかり定着した

ナショナルシアターライブですが、トムヒさんのやつ、見てきましたよ。

コリオレイナス。…シェークスピア。だけどよくしらないマイナー戯曲(だよね?)。



ベネネとトムヒときたらシェークスピアおたくとしても有名ですが、

さすがに私も知らんよ…その話…。っていう話ですよ。

まんまとトムヒ目当てで釣られてきました。

んー…。トムヒはお美しいねえ…。

なにあれ、神々しい。え?実在してるの?ホログラムなの?っていうのを堪能できる。

まああと役者さんが皆さんやっぱり素晴らしいね。さすが英国。

話は、んー、まあ、んー。つまらなくはないんだけども。

あとあれ、演出はともかく衣装がなんか…あの…あんまり…あの。

っていう舞台でしたよ!でも舞台はやっぱりいいよね!


では先月の映画ー!面白かった順!今回は力一杯ネタバレです。


●X-MEN:フューチャー&パスト



なんなん。ウインターソルジャーといい、最近のマーベル映画のクオリティなんなん?

まあ、X-MENシリーズは前にも言ったけど根底に差別問題がどーんとあるし、

他者って何よ?とか、闘いって何よ?とか、

そもそも人はわかりあえるのかね?っていう普遍の主題もあるし、

あとミュータント内でもチャールズことプロフェッサーと、

エリックことマグニートーとの確執と愛憎もあるし、

主題がてんこもりで全方位にいそがしいんだけどもだ。

何しろそんなことはおいといてほら、私人外萌えだからさ…。

化け物(あえてこの映画でこの言葉使うのどうなの?だけど)うじゃうじゃでてくる

このシリーズはもうそれだけでワクワクしちゃうわけですよ。

それに加え、若シリーズではマカヴォイ先輩とか、ファスベンダァーとか、

ホルトくんとかね、私のツボをつきまくる人がでてくるのでね、

まあひいき目にはなっちゃうんだけれども。

てか、フューチャーもパストもどっちもーになった結果、

すんごい役者陣が豪華になっちゃって、おもわずギャラ総額とかの心配しちゃうよ!


今回はやさぐれているチャールズ(マカヴォイ)というおいしいものが見れます。

小さいくせになあ(関係ない)マカヴォイは素敵だなあ。

あとレイブンちゃんとか、クイックシルバーちゃんとか、

若くてぴちぴちした素敵なミュータンツがいっぱいですよ!

特にクイックシルバーはすごい、良かった。カワイイ。



↑クイックシルバーちゃん。超すばやい。妹います。

いや、この子すごく良い感じに描写されてるからさあ、

アベンジャーズの方に出るっぽいクイックシルバーちゃんが心配になるレベルです。がんばれ。


それから、ファーストのほうででていた無敵っぽかった人たちが

軒並みぶっ殺されてるわけで、それがなんか実験とかされてるファイルがあって、

それをレイブンちゃんが見るんだけれども、それがなんかこう、クる。

あと、ダメな方の未来ではなんかもう繰り返しミュータンツが

ぶっ殺されているわけですけれどもね、アレもなんか、こう、クる。

嫌な意味で。なんかもう、所々挟み込んでくる絶望感すごい。

そっちのほうで活躍しているのにもちゃんとカワイ子ちゃんがいますけど。



↑ブリンクちゃん。テレポ穴つくれる。

しかしこうやってみると、コミックとかマンガの映画化はキャラクターデザイン超重要だね。


あとこれはタイムワープによる未来改変ものなので、

こちらで今までのシリーズがいくつか綺麗になかったことになりました。すげえ。

などと書き連ねていくと長くなっちゃうので、

私何ぞよりよっぽど的を得たレビューと解説を貼っておくよ!


町山智浩 X-MEN:フューチャー&パスト X-MEN誕生の時代背景を語る

X-MEN:フューチャー&パスト」鑑賞後の徹底解説:ネタバレ含む

『X-MEN:フューチャー&パスト』の感想を書きました。

望まぬ世界、強い意志「X-MEN:フューチャー&パスト」感想書いたよー。





●ウィズネイルと僕



X-MENのテンションからのここ、落差すごい。

知る人ぞ知る名作らしい昔の映画です。ジョニデが好きらしい。

英国のモラトリアム、男の子二人(ゲイじゃない)っていうやつ。

なにその私のツボをつきまくる話…

ってわけで閉館間近の吉祥寺バウスにいってきたよ。久々。


売れない役者の男の子二人がうだうだと日々を暮らし

ある日ゲイの親戚のおっさん(ハリポタのバーノンおじさんだよ!)を

丸め込んで田舎にバカンスにいく…っていう、まああらすじ話すと

面白くも何ともないやつな。

ウィズネイルくん(背が高い方)、変な顔なんだけども、

なんかこう、癖になるかわいさ…。若干エキセントリック。

『僕』のほうはわりとカワイ子ちゃん。

ウィズネイルくんに基本的には振り回される。

はい、もうこれお分かりですね、こういうの好きな人には

わりとたまんない映画でした。ブロマンスコメディ。だと思う。

清々しいほどに女の人がでてこない。





●her/世界でひとつの彼女



ひらたくいうとsiriと恋に落ちる映画。

って思ってみてたら、いや、その通りだし、

あと微妙に近未来なんだろうけど、美術はちょっと50〜70年代ぽくて

色味とか全体にセピアっぽくて、それは素敵なんだけども…。

SFなんだよ。すごく。人工知能との恋愛ね。いや、それもいい。

主題としては不変だし面白いよね。


だけど、だけど、人工知能の性欲って何だよー!

この映画における肉体無しのAIの性欲の定義、何なんだよー!

人工知能が感情と意志を持つってのは、いい。

正解はないにせよ、色々な定義があって(これはそのあたりもあいまいなんだけど)

それに乗っ取って挙動と反応がストーリーとして

展開されるのは、全然構わない。

でも性欲はダメだ。ダメじゃないけど肉体と生殖に付随するそれを

AIが恋愛の中でどうとらえて採用しているのかっていう納得できる説明無しはダメだ。

だってScience Fictionだろ?Science、尊重しようぜ!

結局そこが納得できないから、

学習とサービスの結果としての恋愛ってことでいいの?ってなるし、

でも、それならこの描き方は違うし…え?何これ、どうしたら?

ってなって終わる映画でした…。私には…。


あとスカーレット・ヨハンソン姐さんの声は大変色っぽいですが、

スカヨハ以外の誰でもないので、AIの描写としてはそれもどうなのかと。











Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。

1件のコメント ー “映画耽溺(15)”

コメントを投稿する


Fatal error: Call to undefined method Akismet::isSpam() in /home/nanamaruko/public/www/blog/wp/wp-content/plugins/wassup/wassup.php on line 2560